マフラーとストールの違いに戸惑う人もいるようですが、この両者は似ているようでも全く畭なってきます。マフラーは首に巻くもので、長方形です。長さは色々あり、男女によって異なるのではないでしょうかが、ほぼ1mほどになっています。これに対して、ストール(実は親世代にはあまりウケがよくないのだとか)は正方形で一辺が100〜150cm程度のものがほとんどのようです。スカーフを大きくしたものがストールと考えてもいいかもしれません。よく女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が三角形に折って肩掛けにしているのを見かけると思いますよ。また、スリーブレスワンピースなどの上から、少し肩を見せるような感じで身体を覆うように使っている事があります。ストールはシルクシフォンやオーガンジーのような素材のものであれば、パーティなどにも使う事ができるでしょう。女性用のストールの中には、スパンコールやビーズ、フリンジなどでおしゃれにデコレーションしているものもあるものです。少し前までは、男性はマフラー(防寒具としての役割だけでなく、ファッションアイテムとしても注目されています)専門で、ストールを使うことはなかったように思いますが、ここ数年でおしゃれにストールを身につける男性も増えてきました。ただし、女性の場合はストール(手編みで作る方もいらっしゃますね)は肩を覆うのに使う方が多いのですが、男性は肩にかけたりはせずに、マフラーやスカーフと同じように首に巻きます。材質やデザインをちょっと工夫すると、マフラー(秋冬のファッションでは、重要なワンポイントとなるでしょう)には出せないおしゃれ感が演出できることもあって、今後ストールをファッションに取り入れる男性はますます増えと思っています。近年、マフラーとストールの中間のような商品も出てきているということで、ファッションの幅も広がりそうですー